お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apr

22

Bedrock Claude Night(JAWS-UG AI/ML支部 × 東京支部コラボ)

Anthropicチームがビデオ登壇! 今話題のClaude on AWSを楽しく学ぼう

Bedrock Claude Night(JAWS-UG AI/ML支部 × 東京支部コラボ)
Hashtag :#jawsug_tokyo
Registration info
Start Date
2024/04/22(Mon) 19:00 ~ 21:00
Registration Period

2024/03/13(Wed) 11:49 〜
2024/04/22(Mon) 21:00まで

Location

AWS Startup Loft Tokyo

〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目1−1 17F アマゾン新目黒オフィス

View Map Venue Homepage
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

ご応募は以下URLからお願いします

JAWS-UG AI/ML支部側の同イベントページ

https://connpass.com/event/313318/

お詫び:Anthropicさんが来日延期、ビデオ登壇となりました(4/10更新)

残念なお知らせですが、今回Anthropic社メンバーが諸事情で来日延期となり、ビデオ登壇へ変更となりました。現地で会えるのを楽しみにされていた方、申し訳ありません。

Anthropicチームも日本に来られなくなったことを大変残念に思っています。予定していたコンテンツはそのまま、日本語字幕付きのビデオ登壇という形でお届けさせていただきます。また、6月のAWS Summit Tokyoに合わせて改めて来日予定を組んでくれることとなりました。

遠征など計画されている方もいるかと思いますので、周知させていただきます。今回のイベントは変わらず有意義な勉強会となるよう盛り上げていきますので、ご安心くださいませ。

はじめに

Anthropic エンジニアチームがビデオ出演!

Amazon Bedrock は、大規模言語モデル (LLM) やその他の基盤モデル (FMs) を使用した、生成 AI アプリケーションの構築およびスケーリングに最適なサービスです。
この度、Amazon Bedrockで利用可能な言語モデルが拡充され、次世代のClaude 3が利用可能となりました。

Anthropic エンジニアチームがビデオ出演されることになりましたので、それぞれ異なる用途に最適化された Claude の次世代モデルについてJAWS-UGでもご紹介いただこうと思っております!
JAWS-UG AI/ML支部、東京支部の合同イベントです🙌

概要

会場

AWS Startup Loftでのオンサイト、オンラインのハイブリッド開催!
YouTube の AWS User Group Japan: JAWS-UG チャンネルで配信予定。
当日は限定配信です。URLは参加申込みいただいた方が見えるこのページのエリアでお知らせします。

Agenda

時間 テーマ・内容 登壇者(敬称略)
18:30 - 19:00 開場(現地参加の方のみ)
19:00 - 19:05 オープニング AI/ML支部 × 東京支部 運営メンバー
19:05 - 19:35 Anthropic キーノートセッション(ビデオ) Maggie Vo(Anthropic)× AWS
19:35 - 19:45 LT① Bedrock Calude 3を使って市場対応をDX化してみた 小川 雄喜(三菱電機 IoT・ライフソリューション新事業推進センター)
19:45 - 19:55 LT② 会社に関するRAGをサーバレスで作成してみた 苑田 朝彰(株式会社Fusic)
19:55 - 20:00 ひと休み告知タイム 〜最強のBedrock入門書を書きました!〜 みのるん、森田 和明、熊田 寛
20:00 - 20:10 LT③ Anthropic Cookbook のおすすめレシピ ぬこぬこ
20:10 - 20:20 LT④ Claude3を使ってRAGの一番の悩みポイントを解決してみた 山本 紘暉(クラスメソッド株式会社)
20:20 - 20:30 LT⑤ 来てくれClaude 3! Agents for Amazon Bedrockのモデル比較或いはチューニングの話 熊田 寛(株式会社Relic)
20:30 - 20:50 Anthropicさんに聞いてみよう!パネルディスカッション(ビデオ) Anthropicさんと愉快なBedrockersたち(吉田 真吾、横井 公紀、森田 和明、watany、みのるん)
20:50 - 21:00 クロージング AI/ML支部 × 東京支部 運営メンバー

※アジェンダは予告なく変更する可能性があります。

キーノート詳細(敬称略)

Anthropic キーノートセッション / Maggie Vo (Anthropic) × AWS

概要: Amazon Bedrockで利用可能な言語モデルが拡充され、次世代のClaude (Claude 3 Opus, Claude 3 Sonnet, Claude 3 Haiku) が利用可能となり、それぞれ異なる用途に最適化された Claude の次世代モデルについてJAWS-UGでもご紹介いただこうと思っております!

スピーカー: Maggie Vo (Head of Technical Education & Enablement - Anthropic)

Maggie Vo is a founding member of Anthropic's expert prompt engineering team. She also established and leads Anthropic's education branch, whose mandate is to create and disseminate technical educational information for AI developers, researchers, and the general public. With an educational and applied research background spanning technical fields like game design, organizational behavior, and human psychology from Harvard, Maggie brings a unique interdisciplinary perspective to developing and discussing AI systems that are innovative yet safely grounded in nuanced understandings of human behavior. Her prior roles at top consulting firms and innovative startups have given her extensive experience translating complex technical concepts into clear and impactful communication tailored for different audiences.

Anthropic のプロンプトエンジニアリング専門チームの創設メンバー。 Anthropic の教育部門を設立し指揮も兼任しており、開発者、研究者、また一般の人向けの教材を作成し普及している。ハーバード大学でゲームデザイン、組織行動論、人間心理学など幅広な教育と応用研究を修めたことから、革新的でありつつも人間行動の緻密な理解に基づく独自の学際的な視点を持っており、安全な AI システムの開発と議論に貢献している。 Anthropic 所属前には代表的なコンサルティング機関と革新的なスタートアップに所属しており、複雑な技術的概念を前提知識が異なる対象者に合わせてわかりやすく翻訳し、行動につなげるコミュニケーションをとる幅広な経験を持っています。

ライトニングトーク詳細

LT① Bedrock Calude 3を使って市場対応をDX化してみた / 小川 雄喜(三菱電機 IoT・ライフソリューション新事業推進センター)

概要: Bedrockを使って弊社B2C向けアプリの市場対応(電話対応、ストアレビュー返信など)を効率化してみました

LT② 会社に関するRAGをサーバレスで作成してみた / 苑田 朝彰(株式会社Fusic)

概要: 弊社Fusicでは公開ページ(ブログ、採用ページ、メンバー紹介など)に関する、claude3を使用したRAGをサーバレスで社内利用しています。現在、Fusicには100名のユーザーがおり、同タイミングでアクセスした場合、bedrockのtoo many requestエラーが発生してしまう問題があります。本LTでは、安価にこの問題を解決し、安定性と拡張性を向上させるための仕組みの提案とデモを行います。

LT③ Anthropic Cookbook のおすすめレシピ / ぬこぬこ

概要: Anthropic Cookbook よりいくつかユースケースをピックアップ。実際にどう使えるかをご紹介。

LT④ Claude 3を使ってRAGの一番の悩みポイントを解決してみた / 山本 紘暉(クラスメソッド株式会社)

概要: RAGを使うことで、LLMに社内情報に関する問い合わせチャットボットを構築することができ、大変有用です。しかし、実際の場面では、ソースとなるドキュメントは整理されていない内容であることがほとんどで、ローダーを使って簡単に読み込もうとしても、人間の意図とは違う形になってしまいます。これを解決するために、Claude3のマルチモーダルを使って、ドキュメントを画像として読み込ませることを試してみました。その結果、社内で試用しているチャットボットの回答が改善された結果についてお話します。

LT⑤ 来てくれClaude 3! Agents for Amazon Bedrockのモデル比較或いはチューニングの話 / 熊田 寛(株式会社Relic)

概要: Claude 3が対応してたらAgentsにおけるモデル比較を、来てなかったらAgents挙動のチューニングの話

パネルディスカッション詳細

Anthropicさんに聞いてみよう!パネルディスカッション

概要: せっかくの機会ですので!Anthropicエンジニアチームの皆さまに色々と伺ってみたいと思います!!

運営メンバー紹介

Takeshi Fukae @takeshi fukae

Champ @MckeeChamp

みのるん @minorun365 (KDDI株式会社 / KDDIアジャイル開発センター株式会社)

その他

勉強会参加の上でのご注意

ハッシュタグ #jawsug #jawsug_aiml #jawsug_tokyo を使って、勉強会からの学びをアウトプットしてください。
ハッシュタグによって、ご自身のツイートが多くの人に届きます。投稿が多くなるほどJAWS-UGの活動が拡散されて、これまでJAWS-UGの活動を知らなかった人にも届く可能性があります。
アウトプットの際には建設的で、前向きな投稿を心がけてください。ハラスメントにつながるような表現は避けてください。
JAWS-UG の AWS-UG運営 行動規範 - Code of Conduct - の「期待される行為」「期待されない行為」を参照ください。

https://github.com/jaws-ug/manifesto/blob/master/for-contributors.md

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

みのるん

みのるん published Bedrock Claude Night(JAWS-UG AI/ML支部 × 東京支部コラボ).

03/13/2024 11:49

Bedrock Claude Night(JAWS-UG AI/ML支部 × 東京支部コラボ) を公開しました!

Group

JAWS-UG東京

AWS User Group - Japan TOKYO Since February 2010

Number of events 26

Members 3449

Public

2024/04/22(Mon)

19:00
21:00

Please see the event description for how to join this event.

Registration Period
2024/03/13(Wed) 11:49 〜
2024/04/22(Mon) 21:00

Location

AWS Startup Loft Tokyo

〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目1−1 17F アマゾン新目黒オフィス

Organizer